大人がお手本を見せること

日本は技術的には優れているので、プラスチックを分別して再利用することができます。
ただいくら技術があっても、協力してくれる人が少ないとリサイクルできないので、地球環境がさらに悪化してしまいます。
地球環境を守るために、みんなでリサイクルを意識してください。
プラスチックは、燃えるゴミとは分別して出しましょう。
大人が、積極的にリサイクルに貢献することが大事です。
すると子供も、大人を見習って自然とリサイクルができるようになります。

また、悪質な方法で処分している人も見られます。
勝手にプラスチックを燃やしている人がいますが、すると有害物質が発生してしまいます。
環境を汚すので、プラスチックは決められた方法で処分しなければいけません。
そのような行為をしている人がいたら、注意することも日本をリサイクル先進国にするために繋がります、
プラスチックをリサイクルすることで、新しいプラスチック製品を作りだすことができます。
すると、資源の無駄遣いを避けられるメリットもあります。

各地域で、プラスチックゴミを回収する日が決められています。
その日にゴミ袋にまとめて入れて拐取場所に持って行くことで、行政が回収してくれます。
それだけで、リサイクル活動になります。
みんなが守れば、日本はリサイクル先進国になれるでしょう。
引っ越してきたばかりの時は、早くゴミの出す日を把握してください。
前回住んでいた地域と、異なっている場合が多いです。

TOPへ戻る