勝手に燃やしてはいけない

専門家が処分する決まり

行政でプラスチックゴミを回収して、適切な方法で処分するものだと法律で決められています。
ですから決まりを破ると、法律違反として厳しく罰せられます。
プラスチックを自宅の庭などで焼却して処分している人がいたら、注意してください。
詳しくリサイクルについて説明することで、理解してくれるかもしれません。

法律でも決まっているぐらい、リサイクルは生活の中で重要なことです。
しかし習慣になっていれば、面倒に感じることはないでしょう。
燃えるゴミやプラスチックゴミというように分類することを、癖にしてください。
街中でも、ゴミ箱を見つけられます。
特に駅やお店など、たくさんの人が利用するところには必ず設置されているので、どこにいても正しく分別できます。

後世に資源を残せる

今は資源を使って、様々な製品を作っています。
その資源がなくなると、製品を作れないので生活が困難になってしまいます。
資源を未来に残すために、リサイクルが必要です。
自分たちの子孫も、資源を使って快適な暮らしを送れるように努力してください。
資源の無駄遣いをなくすためだと、リサイクルの意味をよく理解しましょう。

理由がわかっていれば、貢献する気持ちにもなれると思います。
自分の活動が、未来を守ることに繋がると思ってください。
海外は小さい頃からリサイクルのことを勉強して、貢献することが当たり前になっています。
そのため、リサイクル先進国と呼ばれる地域も多いです。
日本もその仲間入りができるように、今から意識を変えてください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る