>

危機管理を知る

危機管理

グループ会社などの子会社の統治が難しく、危機管理がいきわたらないことが原因、とされるケースが多い。
食中毒が原因で、経営者の引責辞任も免れないことも多い。
PL法で、被害者への賠償も大きくなる一方。
未然防止として、危機管理マニュアルの策定が急務です。
内部、外部の通報窓口を設置するなどです。
事故や事件を想定した訓練やテストを行うことも、必須です。
消費者からの苦情や指摘にも、迅速に、適切に、対応することが、被害の拡大を、防ぎます。
事故が発生したら、すぐに、事故対策本部を設置して、一元管理で、情報や対応に努めることが肝要です。
事実を確認し、原因を究明し、被害者対応を万全にし、適切な商品回収。
記者会見して情報開示し、混乱を避け、健康被害の有り無しの根拠を、医療関係者から説明すること。

再発がないこと

意図的な、異物混入は、カメラを設置しても、防ぐのは難しい。
再発防止案を策定して、第三者委員会を設置し、社内ルールや組織体制の見直しを続けていくことが大事です。
食中毒が発生した時に、工場操業ストップでの影響を考えてしまいがちですが、被害者の人命救助を第一に考えて被害の拡大を食い止めることが肝要です。
初動が明暗を決めることもあります。
消費者に対して、説明であろうと、対応がまずいと、炎上してしまう。
SNSの、不適切な投稿に対する、事態の収拾を考えるために、コンサルティング会社に相談するなどして、定期的に改善を続けるべきです。
事件に、異臭というキーワードが必ず出てくるので、異常を知らせるサインを感知したら、迷わず原因究明するために検査を行う体制も、整えなければいけません。
ほとんどが、人的ミス、と言われる所以です。